バイクの買取と下取りの違いとは?

バイクの買取と下取りの違いとは?

バイクの買取とは

買取とは文字通り、買取をしてもらうことです。

TVやラジオのCMで知られるバイク買取会社はバイクを買うことを専門としている業者で、ユーザーから買い取ったバイクを自社でメンテナンスしたうえで販売しています。最近ではネット販売やオークションなどを行っている業者も。

業者間オークションは成約率が高く、どのようなバイクであってもほとんどが売りに出せるのがメリットです。業者がユーザーから買い取るときにも、あらゆる車種・状態のバイクを買取することが可能となっています。

買取時にはバイクの車種・年式・走行距離を確認されます。中古バイクの価値は主にこの要素で決まるからです。これは買取業者・下取りする販売店共通といえます。

買取業者では市場のニーズをより詳細にとらえているので、バイクの希少価値や季節、市場での人気などを総合的に判断して査定額を算出します。

この部分は業者によって判断基準が若干異なり、その差が会社ごとの買取査定額の比較差となります。複数の会社に査定してもらえば、より高く買い取ってもらえる業者がわかってくるでしょう。

バイクの下取りとは

下取り(したどり)とは新しい商品を購入する際に、それまで使っていた古い新品を店に買い取ってもらうシステムです。

下取りに出すことで、希望する商品の代金から金額を割り引く目的なので、必ずしも下取り商品を中古品として再流通させることを前提にはしていません。

販売店のなかには下取りしたバイクをメンテナンス後に店頭に並べて販売し、利益を出したい気持ちがあります。店頭に置いても売れない場合には在庫にし続けなければならないリスクを考え、良いバイクでも下取りする価格を付ける際にはシビアになってしまう面があるようです。

逆に、付き合いを大事にして販売の見込みが無いバイクに下取り価格をつけてくれる場合もあるかもしれません。

買い取りよりも下取りで、と考えたときには手放すバイクの「買取相場」を把握しておくことで、あまりにも安い下取り価格で手放すことを避けられます。

買取・下取りの違いを把握し使い分けよう

バイクを手放したい場合は、買取と下取りの違いを良く把握したうえで手放すことをおすすめします。

「バイクを置くスペースがなくなった」「次は車を考えている」といったように次にバイクの購入を考えていない場合、そしてできるだけ高い買取金額を望む場合は買取が吉です。

反対に「次にこんなバイクに乗り隊」「といったようにバイクの購入を考えている場合は、今所持しているバイクを下取りに出すことでバイクをお得に購入できることも。

バイクの車種によっては下取りよりも買取に出した金額をもとに新たなバイクを購入した方が安くなることもあるので、買取と下取りに出したときの金額を確かめることもおすすめです。

高額査定業者はどこだ?!千葉のバイク買取業者を比較査定してみました!

※2016年10月時点での調査内容です。当サイトで紹介している買取業者の中から3社をピックアップして査定しています。

PAGETOP