ホンダ

日本の誇るバイクメーカー・ホンダの人気車種について調べています。

人気車種乗りやすく使い勝手の良い
ホンダのバイク買取

ホンダのバイクの特徴の1つとして挙げられるのが、まず操縦性の高さにあります。それからバイクのつくりが非常に精巧で壊れにくい点も特筆。技術面に優れていることで、世界各国のライダーから愛される理由と言えるでしょう。

対して、デザイン面では一言で表すなら万人受けするタイプ。バランスの良さに長けているので、燃費の良さや利便性の高いバイクが提供されています。

性能面でのバランスの良さや、燃費、利便性の高さから、バイクの教習所や警察の白バイで、ホンダのバイクが数多く採用されています。

ホンダの歴史は非常に古く、第二次世界大戦後の復興時代に誕生しました。特にホンダの名を有名にしたのは、「スーパーカブC100」だといえるでしょう。発売から50年以上経つ現在でも売れ続けている驚異的なロングセラーモデルです。

ホンダのバイクはタフさが評価されていますが、それよりも注目されたのが業界でもトップクラスといって間違いない燃費の良さに関すること。さらに優れた操作性の高さも話題となり、それでいて車体の価格もお手頃となっているため、世界中のバイクと比較しても1シリーズとしては1位の売り上げを誇っています。

ホンダから発売されているバイクは総合してみて「優等生」と呼ばれているのですが、これは操作がしやすいだけでなく、価格や燃費、デザインなど何をとっても高い評価を得ているのが理由です。

特にまだバイクに乗り慣れていない方は操作性の高さを重視してバイク選びをすることも多く、その時には間違いなくホンダも候補に挙がるでしょう。

ホンダのバイクの中には小型車・ミニバイクのものもあります。低排気量のバイクを探したいと思っている方もホンダのバイクを検討していることが多いため、中古での需要も高いです。特に人気が高いのはスーパーカブやモンキー、APEなどとなっていますが、ホンダのバイクは中古でも総合的に人気が高いため、高値が付きます。

バイク業界を引っ張っているメーカーといっても過言ではなく、世界的に見ても有名なホンダのバイクはたくさんの国で愛用されており、品質も評価されているのが特徴です。

とても乗りやすいバイクではありますが、初心者にしか需要がないわけではありません。初めはホンダのバイクからスタートし、いろいろなメーカーを試してみたものの最終的にまたホンダに戻ってくる玄人も多く、バイク歴が短い方からも長い方からも愛用されているメーカーです。

バイクを購入してみたものの、何となく乗りにくさを感じている…という方もホンダをチェックしてみましょう。とにかく乗りやすさに関しての評価が高く、まるでバイクが運転を導いてくれるような感覚に陥る方もいるほどです。

世界的なシェアを見てみてもホンダは1位を誇ります。ベトナムでは、スクーターのことを「ホンダ」と呼ぶほど有名なメーカーなので、知名度の高いバイクを購入したいと思っている方からも人気です。丈夫で壊れにくいバイクということもあり中古市場での魅力は大きく、販売しているモデルもファミリー向けのものから大型バイクまで様々です。

ホンダの主な人気車種

FORZA(フォルツァ)

ビックスクーターが流行しだした時代から、現代まで引き継がれている人気のバイクです。年式で異なる点もあるものの、他社のビックスクーターには見られない豪華な装備が今でも注目の的となっています。

●買取価格相場:85,000~380,000円

※状態や業者によって価格には差があります。

FORZA-Zスペック

全長 2.185m
全幅 0.750m
全高 1.175m
車両重量 201kg
エンジン種類 空冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

CBR250R

ホンダの中でも、スポーツライディングの愛好家から幅広く支持されているバイク。二輪の流通網の中でも高いシェアを誇る人気車種です。支持される理由は、デザインや足つき性の高さ、扱いやすさなど挙げられます。

スポーツタイプや新型限定カラーなどがあり、普及しているバイクでありながらも個性があるフォルムを選べるのが、購買意欲をそそられます。

●買取価格相場:230,000~260,000円。250ccバイクの人気が高まりつつあることから、買取の査定価格は平均して高い傾向にあります。

CBR250Rスペック

全長 2.035m
全幅 0.720m
全高 1.120m
車両重量 161kg
エンジン種類 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

千葉でホンダのバイクを売るならどこ?ここしかない高額買取店特集です

CB400FOUR

「ヨンフォア」の愛称で親しまれているバイク。1974年に世の中に登場した、ホンダのバイクとしてはロングセラーの車種です。最も人気の年式は1976年発売、398ccのモデルです。珍しいプレミアバイクとして取り引きされていて、高い査定価格がつきます。

CB400FOURスペック

全長 2.050m
全幅 0.705m
全高 1.040m
車両重量 185kg
エンジン種類 空冷4ストロークOHC4直列4気筒

CBR1000RR

CBR954RRの後継車として販売されたモデルです。特に人気が高いのはSC59となっていますが、旧型であるSC57にこだわりを持っている方も多いため、どちらのモデルでも中古市場の需要は高いといえるでしょう。カスタムバイクの人気も高いです。

●買取価格相場:500,000~1,950,000円

CBR1000RRスペック

全長 2.065m
全幅 0.720m
全高 1.125m
車両重量 196kg
エンジン種類 水冷4ストローク DOHC4バルブ直列4気筒

CB400SF

上質な深みのあるカラーが人気のモデルです。色にこだわってバイク選びをしたい方からも選択されています。特に、新型となるNC42-160以降の車両に関しては高価買取が期待できるでしょう。

●買取価格相場:130,000~800,000円

CB400SFスペック

全長 2.080m
全幅 0.725m
全高 1.080m
車両重量 197kg
エンジン種類 NC42E水冷4ストローク直列4気筒DOHC4バルブ

PCX125

スタイリッシュなヘッドライトが特徴のモデルです。高級感もあるツートーンボディーカラーは男女問わずに人気があります。スポーティーなイメージのモデルではありますが、燃費性能にも優れているため維持費を重視してこちらのタイプを選ぶ方も多いです。

●買取価格相場:50,000~300,000円

PCX125スペック

全長 1.930m
全幅 0.740m
全高 1.100m
車両重量 130kg
エンジン種類 水冷4ストロークOHC単気筒

CBX400F

当時人気の400ccマルチとしては他社に対し、1981年と最後発。

コンパクトさと軽量さ、ハイパワーを追求し開発されたこともあり、結果としてCBX400Fは400ccクラスで48psと当時最高の出力を出しています。

プロリンクサスペンション、インボードベンチレーテッドディスクブレーキなどの最新技術を搭載しながらも軽量で、取り回しやすさにも優れた1台となりました。

テールランプと一体になったウインカーやハンドル廻りのデザインも秀逸で、足つき性もよく、今でも人気で販売・買取ともに高値です。

●買取価格相場650,000~1,100,000円

CBX400Fスペック

全長 2.060m
全幅 0.720m
全高 1.080m
車両重量 189kg
エンジン種類 空冷4ストロークDOHC4気筒

CB250R

新世代CBシリーズというコンセプトのもとに、軽量かつコンパクトな車体、高性能な水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒249ccエンジンを搭載したネイキッドロードスポーツモデルとして2018年に登場しました。

2019年モデルは、2018年モデルよりもカラーバリエーションが増えただけでなく、前後サスペンションなどの足回りを変更し足つき性が向上、ABSも標準装備となっています。

まだまだ新車も購入可能な車種なので、買取価格はいかに新車に近い状態です。価格は走行距離で決まることがほとんどでしょう。

●買取価格相場100,000~300,000円

CB250Rスペック

全長 2.020m
全幅 0.805m
全高 1.045m
車両重量 144kg
エンジン種類 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

CBR250RR MC51型

CBR250RRは1990年に発売されたMC22型と2016年に登場したMC51型という2つの型が存在します。

こちらは直感・体感・新世代RRを開発コンセプトに2016年に発売されたモデルです。

乗り手によってエンジン特性が変更できる「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を導入。SHOWA製倒立フロントフォーク、アルミ製ガルアームのリアサスペンションと豪華な装備も魅力です。

走行感は「クォーターバイクトップクラスのスポーツ性能」との評判を得ながら、足つき・取り回しやすさも併せ持つ人気の車種です。(車両重量は整備重量です。)

●買取価格相場 500,000~600,000円

CBR250RR MC51型スペック

全長 2.065m
全幅 0.725m
全高 1.095m
車両重量 165kg
エンジン種類 水冷4ストローク4バルブDOHC2気筒

CBR400R NC47型

CBR400Rは1986年から1988年にかけて販売されたNC23型と、2013年より販売されているNC47型の2種類が存在します。こちらではNC47型を紹介します。

レーシングマシンのDNAを継承したスタイリングながら、幅広いユーザーが楽しめるファンライドスポーツモデルとなって約30年ぶりに再登場したCBR400R NC47型。

同時期に登場したCB400F(ネイキッド)、400X(クロスオーバー)とエンジンやフレームなどを共有しながらも見た目や性格がそれぞれ違っています。この型はワインディングからサーキットまでマルチに楽しめるタイプとなっています。

街乗りに使いやすく低・中速を重視しつつ、実燃費で30km/Lを切らない低燃費性を持ちつつも、9500rpmで46馬力を発生させるのでスポーティーな走りも楽しめるバイクです。

2019年にはよりスポーティーさを増したモデルチェンジもしています。

●買取価格相場 400,000円~600,000円

CBR400R(NC47型)スペック

全長 2.075m
全幅 0.740m
全高 1.145m
車両重量 192kg
エンジン種類 水冷4バルブDOHC直列2気筒

VTR250

1982年から製造販売された排気量250ccクラスのロードスポーツタイプのバイクです。

特徴的なトラス構造のフレームがイタリアンバイクを思わせます。ヒットモデルとなった初代以降もモデルチェンジを繰り返し、2017年まで製造販売された35年間にわたるロングセラーです。

買取金額は年式により大きく上下するでしょう。

●買取価格相場 5,000円~400,000円

VTR250スペック(初代)

全長 2.040m
全幅 0.720m
全高 1.050m
車両重量 139kg
エンジン種類 水冷4ストローク4バルブDOHCV型2気筒
高額査定業者はどこだ?!千葉のバイク買取業者を比較査定してみました!
 
PAGETOP