HOME » バイクを高く売るために?知っておきたい基礎知識 » 注意!悪質なバイク買取業者は存在する?

注意!悪質なバイク買取業者は存在する?

バイクの買取においてもっとも注意したいことは、安価に買い取ろうとする悪質な業者です。 買取業者の多くは可能な限り高値をつけて買い取ろうとしてくれるものですが、中には商売だからと割り切って値切ろうとしたり、相場よりも安値をつけてくるところもあります。 そのような悪徳業者に安く買い叩かれないようにするためにも、今回はさらに詳しく悪質な買取業者について見ていきたいと思います。

聞いたことのない小さな業者には要注意

バイクの売却は、決して安い売買ではありません。そのため、売る側はきちんと相応の値段で買い取りをしてくれる業者を選ぼうとします。 いわゆる大手の買取業者であれば、ノウハウやサポート体制などはある程度整っているものですが、名前の知られていない小さな業者の中には、悪徳業者と呼ばれる利益重視の会社も紛れ込んでいます。

初めてバイクを売る方は、万が一の事を考えて少しでも「怪しい」と思う業者は避け、安心して買い取りを任せられる業者を選ぶと良いでしょう。

悪徳業者の営業手法は強引

いわゆる悪徳業者は、他社よりも利益を重視するために、できるだけ安くバイクを買い叩こうとします。そのためには、いきなり安価な査定額を提示するだけではなく、査定と商談を即決させようとする「素早さ」に特徴があります。 上手い言葉やスムーズな言い回し、難しい専門用語などさまざまな言葉を巧みに駆使して、売る側にとって良く分からないままに査定と商談を進めてしまいます。

中には、「しばらく考えさせてほしい」「他社と比べたい」などと回答を保留にされる方もいますが、悪徳業者は次なる手として「手数料」を求めてくることがあります。 「出張査定に来たので手数料を頂きます」と言って、金額を請求してくるのです。査定や買取といった本来の目的はさておき、とにかく利益を最優先にしているのが悪徳業者の特徴と言えるでしょう。

感情にうったえかけて契約を迫る

悪徳業者の中には、売り手の「人情」や「感情」にうったえようとするケースも数多くあります。 「すみませんが、成約するまで帰れません」「ここで成約していただかないと困ってしまいます」「なんとか今日決めていただけませんか」など、ここぞとばかりに請願や嘆願をするようなタイプは、売り手が他の業者と比較し、高値で売買を成功させるチャンスを奪おうとしてきます。

査定額を高く見せる

悪徳業者の一般的な手法としては、「査定額を高くします!頑張ります!」といった勢いを見せつつ、実際には出張料や査定料などさまざまな手数料を上乗せして、査定額を安く引き下げてくることがあります。

本来であれば無料になるはずの手数料、会社によっては一切手数料を取らないといったキャンペーンが行われている場合もあり、そのような機会を利用すれば高くバイクを売ることができます。 しかし悪質な業者の場合、ここぞとばかりに手数料を上乗せし、安い査定額で手を打たせようとしてくるのです。 他社で無料になる手数料が徴収されるようであれば、最初から他社で売買を行うのが間違いのない方法です。

高額査定業者はどこだ?!千葉のバイク買取業者を比較査定してみました!
 
PAGETOP