HOME » バイクを高く売るために?知っておきたい基礎知識 » バイクを買い取ってもらう際の準備・書類はあるの?

バイクを買い取ってもらう際の準備・書類はあるの?

バイクを売却する際は、査定の当日までにいくつかの書類を準備しなければなりません。一度査定を依頼した後は、できるだけすみやかに査定当日までに必要書類を準備しておきましょう。 スムーズに売却手続きを行うためには以下の必要書類が必要となります。バイクの排気量によって必要書類の内容が異なりますので、順に紹介していきたいと思います。

原付の必要書類

・標識交付証明書

・自賠責保険証明書

・身分証明書 ※運転免許証・パスポート・保険証・写真入住基カード(写真入に限る)のいずれか

・印鑑

「標識交付証明書」とは、ナンバープレートの交付を受けた際に市町村から発行される証明書のことで、「軽自動車税申告兼標識交付申請書」という書類が発行される場合もあります。 万が一失くしてしまった場合は書類の再発行手続きをしてもらえるため、早めに準備をしておきましょう。

また、原付の売却には廃車手続きを行い、「廃車証」が必要となります。ご自身で手続きをしない場合、売買を行う業者が手続きの代行をしてくれるかどうか確認をしておきましょう。

排気量126cc~250ccの軽二輪の必要書類

・軽自動車届出済証

・自賠責保険証明書

・身分証明書 ※運転免許証・パスポート・保険証・写真入住基カード(写真入に限る)のいずれか

・印鑑

軽二輪の売却には、上記の書類が必要となります。原付同様、廃車手続きも必要です。 すでに廃車手続きを済ませている場合には、「軽自動車届出返納済確認書」と「廃車証」が必要になります。

「軽自動車届出済証」は、バイク買取のために必要な書類のことで、陸運局から交付される証書のことです。車検対象ではない軽自動車の届出や申請手続きの完了時に交付してもらえます。紛失時には再発行手続きが可能です。

排気量251cc以上の二輪の必要書類

・自動車検査証

・自賠責保険証明書

・身分証明書 ※運転免許証・パスポート・保険証・写真入住基カード(写真入に限る)のいずれか

・印鑑

大型二輪などの売却には、自動車検査証のほか、軽二輪と同じく自賠責保険証明書、身分証明書、印鑑が必要となります。廃車手続きが済んでいるならば場合「自動車検査証返納証明書」が発行されるので、そちらも必要となります。

「自動車検査証」はいわゆる車検証のことで、所有者を証明する重要な書類です。紛失時には再発行を受けることができますので、査定当日までに準備しておきましょう。

できれば用意しておきたいもの

上記では、バイクの排気量ごとに必要な書類について紹介しました。他にも、できれば用意しておきたい書類がありますので、こちらも併せて確認をしてみてください。

・取扱説明書

・バイク購入時の添付書類など

こちらは保険や証書などとは異なり、バイクそのものに添付されている書類になります。まだ手元に残っている場合は、改造の有無が分かる書類なども含めて持参しておくと安心です。 必ず必要なものではありませんが、取扱説明書などが揃っていると査定額が多少上がる可能性があり、査定に持参しておくと安心です。

高額査定業者はどこだ?!千葉のバイク買取業者を比較査定してみました!
 
PAGETOP