HOME » こんな訳ありバイクでも買い取ってくれる? » 未成年者のバイクは買取・査定してもらえるの?

未成年者のバイクは買取・査定してもらえるの?

バイクを売りたいと思っているもののまだ未成年だし…ということで買取・査定してもらえるのか不安に思っている方もいるかもしれません。未成年はバイクの買取や査定をしてもらうことができるのでしょうか。

未成年のバイク買取・査定について

まず結論からいえば、未成年だとしてもバイクを査定してもらったり、買取してもらうことは可能です。ただ、バイクを持って突然買取業者を訪れたとしても、すぐに対応してもらえるわけではありません。 未成年ということもあり、同意書や親権者への確認が必要となるのです。これらが行われてからやっと査定をしてもらえる流れになります。

とりあえず売りに出してから親の許可をもらえばいいや、と考えている方もいるかもしれませんが、これは不可能です。事後承諾ではなく、事前に準備をしておかなければなりません。 親の同意が必要ということは、親がバイクを売るのに反対している場合、売却はできないということ。買取業者に持ち込んだとしても買い取ってもらえないので、事前に親を説得するなどの対策を取らなければなりません。

もしも、親の同意を得ていると嘘をつきバイクを売った場合、親は後から契約をなかったことにできます。この場合、バイク買取業者にもたくさんの迷惑をかけることになるでしょう。 もしもバイクを売却した後に、すぐに購入者が見つかった場合はその方にも迷惑をかけることになります。さらなる大きなトラブルに繋がる恐れもあるため、必ず事前に親の同意を得ておかなければなりません。

未成年がバイクを売るのに必要な書類は?

まず、親権者の同意書と親権者の身分証明証(運転免許証・保険証・パスポート・写真入住基カードなど)のコピーが必要になるのが一般的です。業者によってその後の流れは異なるのですが、親権者に対して本当にバイクを売ることに同意しているのか確認の電話をします。

そのため、親の免許証を勝手にコピーし、自分で同意書を作成して売却するようなことはできません。同意書については各買取業者のホームページ上などに用意されているのでそちらを利用しましょう。必要な情報を入力するだけでなく、印鑑を押すのを忘れないようにしてくださいね。 必要な書類がそろっていて、親がバイクの売却を認めているのであれば、特に問題はありません。その間は通常通りに査定や買取が行われます。

また、書類を用意したり、専門業者に買取を依頼するのが面倒だからと友だちに売ってしまう方もいますが、こちらは後から名義人や代金のことでもめたりするケースがあるのでおすすめできません。

親の同伴は必要?

必要な書類さえそろっていれば親の同伴は必須ではありません。しかし、未成年ということもあり説明を受ける際に緊張して聞き漏らしてしまう大切なこともあるかもしれないため、できるだけ親について来てもらうのがおすすめです。

シビアな金額交渉が必要になったり、契約書の確認などの場面では人生経験が豊富な親がついてきてくれれば、しっかり対応してくれるでしょう。

未成年が査定を依頼する際の注意点

未成年の方がバイクの査定をしてもらう際には信頼できる業者を選ぶことが大切です。というのも、相手が未成年だからといって相場よりも安い金額を提示してくる悪徳業者もあります。

このようなことを避けるためにも、複数の業者に査定を依頼するなどして本当にその金額が正しいのかどうか判断しましょう。 また、なかには相手が未成年ということにつけ込み、安い査定額で無理やり契約を迫ってくる業者もあります。 これを避けるためにも親の同伴がおすすめです。

高額査定業者はどこだ?!千葉のバイク買取業者を比較査定してみました!
 
PAGETOP